忍者ブログ

矢絣

弓道、京弓関連のことを書いていこうと思います、コメント、拍手を頂けると嬉しいです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

替え弓について

以前、ぴろりさんのブログでも話題になりましたが
(替え弦と替え弓http://blogs.yahoo.co.jp/kasakamisaki_rf/10451282.html)
試合や審査で弦が切れたときの対策として
替え弦と替え弓がありますよね。

大多数の方は替え弦で対応されていると思います。
偉そうな言い方になってしまうかもしれませんが
自分はその弓の癖を知らなかったり
ちゃんとした張り方が出来るという保障のない
他人に弦を張ってもらうのにかなり抵抗があります。
裏を返せば射場係の方も他人の弓を扱うのは嫌でしょうね。

そこでお互いに安心なのが替え弓ということになりますが
数百人単位の大会で選手全員が替え弓だと
弓の置き場に困ってしまうことも事実ですね(ーー;)
難しい問題です。
来週の試合、審査はどうしようか迷い中です。
気持ち的には替え弓にしたいのですが・・・
何にせよ、まずは弦切れの可能性を少しでも小さくするために
試合、審査前には弦を新しくするようにしています。

拍手[0回]

PR

Comment

無題

  • 弓末吉
  • 2011-09-12 21:48
  • edit
確かに難しい問題ですね
僕はまだ合成弓ユーザーなので替え弦ですが、竹弓ならば替え弓の方が良いのではないかと思います
弓の置き場問題は受審者数に制限をかけるなど、連盟側にせまられる問題ではないのかなと思いました

替え弓について

  • しゃっく
  • 2011-09-15 06:28
  • edit
>弓末吉さん
難しい問題です。
…とは言っても
今後、替え弓の人が増える気も
あまりしないです(^-^;

替え弓

  • ぴろり
  • 2011-09-15 11:18
  • edit
弓の置き場問題は私自身、考えてもみなかったので勉強になりました^^

ふと思い立ったのですが、替え弓置き場のスペースよりも、竹弓を扱うことのできる人材が少ないことの方が問題なのかもしれません--;

Re;替え弓

  • しゃっく
  • URL
  • 2011-09-16 11:01
  • edit
>ぴろりさん
自分も偉そうなことは言えませんが
そう感じます。
それに弦切れ直後の弓に
また弦を張って引くというのも
根拠はないのですが
何となく弓に悪い気がします。

難しいですね。

  • ワカクワ
  • 2011-09-19 19:17
  • edit
このトピックを読ませていただいて、考えておりました。
弦切れ直後の弓は多少なりとも反発力が戻っていますので、弦を掛けてすぐに引く、というのは弓に不必要なストレスを掛けるのではないかと思いますが、どうでしょうか。
例えるなら、一定期間休ませた弓を使うのと似た状況になると思います。特にあまり矢数の掛かっていない弓の場合、弦切れ直後直ぐに引く事は反発力の大きな減退や弦のひっくり返りを誘発しそうな気がします。
客観的なデータが無いので経験論と推測の域を出ませんが、やはり弦切れ直後にすぐまた使うというのは良くはないでしょうね。

Re;難しいですね。

  • しゃっく
  • 2011-09-20 20:59
  • edit
>ワカクワさん
以前、mixiの方でも書いたかなと思い
読み返してみましたが書いていませんでした(^^;
自分も弦が切れたその日は
引かない方が良いように思います。
しかし、同じく明確な証拠はありません。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © 矢絣 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[06/20 しゃっく]
[06/18 和帽子系男子]
[05/06 しゃっく]
[05/02 らんまる]
[03/31 しゃっく]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
しゃっく
性別:
男性
趣味:
弓道
自己紹介:
趣味は弓道で、こちらでは
主に弓道関係のことを
書いていこうと思います。
コメントして頂けると
嬉しいです(^^)

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析